キタムラの戦略

2018年度は6つの柱で既存店の収益力向上をめざします

1 カメラ専門店として、「新品×中古でもっとカメラは楽しくなる!」ことを提案します

  1. 買い替え提案CMの放送開始「キタムラなら新品が安く、買取が高い」をキーワードに、カメラの新製品や上位機種を「わずかな差額で」買い替えができることを訴求します
  2. 店内の特設ボードでカメラ販売と中古買取No.1を訴求CMと連動して、安田顕さんを起用した「新品x中古ボード」を全店で展開をします

2 イメージング商品の拡充をします

  1. 6月には、写真を飾る新たな提案として「ウォール・デコ」を始め、写真を贈る新たな提案として新しいフォトグッズの販売を始めます
  2. 7月には、スマートフォンからのプリント注文アプリ「プリント直行便」のリニューアルをし、SNSやクラウドとの連携やフォトブック注文の新機能を追加します
  3. 11月には、「LINE(ライン)」公式アカウントの新サービスを拡充します

3 EC事業の拡大をします

  1. イメージング(ビジネス年賀状)の強化昨年導入したビジネス用デザインに加え、請求書払いやフリーレイアウトなどビジネスユースに特化したサービスを追加します
  2. カメラ(新品×中古)の強化各モールでも中古カメラを活用した販売を強化します
  3. オムニチャネルの強化
    1. 楽天やYahoo!、アマゾンにつぐ、新たなモールへの出店をします
    2. 出張買取など、新規のカメラ買取チャネルに挑戦します

4 スタジオマリオの魅力を向上します

  1. 顧客接点の強化と撮影スタイリングの拡充WEBサイトのイメージ刷新、新しい小物や背景の導入、スタイルブックの制作、「着替え放題」タペストリーの設置などを行います
  2. 商品開発と企画の強化で顧客満足度を追求七五三企画の特典強化、当日お渡しサービス開始(業界初)、新商品の開発などを行います

5 戦略的再配置による出店をすすめます

  1. 10坪規模のイメージング中心の出店
  2. 中古と年賀状が中心の中古買取センターの出店
  3. スタジオマリオ併設店舗の出店

6 Apple正規サービスプロバイダ認定店のサービスを向上させます

移転により面積の拡大と居心地のよい空間を実現していきます

以上6つの取り組みでの2019年3月期の業績予想

売上高121,900百万円、経常利益3,100百万円、親会社株主に帰属する当期純利益1,500百万円を見込んでおります